チームと地元の架け橋になることを目指して/五十嵐大悟さん(アースフレンズ東京Z)

深川先生は”頼りになる先輩”のような存在 大田区を中心に城南エリアで活動する男子プロバスケットボールチーム「アースフレンズ東京Z」で、営業と地域連携を担当する五十嵐大悟さんをインタビュー。 チームと行政の連携を図るときには深川先生にお世話になっているというので、五十嵐さんの取り組みや深川先生との関わりを聴いてみました。 (文・一部写真:ワタナベミノリ) 五十嵐大悟さん アースフレンズ東京Z(運営:株式会社GWC)の営業および地域連携担当。(2016年12月~) 大田区蒲田出身。 メーカーの営業を10年以上経験し現職に。自身はバレーボールのプレーヤーで、現在も社会人チームのアタッカーとして活躍。 深川先生に初めて出会ったのは地元の勉強会で ― 深川先生との出会いを教えてください 知人に誘われ参加した地元の勉強会で初めてお会いしました。最初は、区議会議員と聞いていたので気やすく話しかけることができませんでした。 ― その後に何か用事があって連絡したのですか? それから数か月経って、地域にPRをするために議員さんとやりとりをする必要が出てきたのですが、私が議員さんとの繋がりがなく困っていたんです。そうしたら、深川先生と縁のある知人が、「深川先生に相談したらいいよ」と紹介してくれました。連絡をしたら、PRチラシの渡し方など丁寧にアドバイスをしていただきました。 行政との連携がチームの発展に欠かせない ― 五十嵐さんの仕事内容を教えてください 営業は、スポンサー集めと試合の集客が主な仕事です。おかげさまで、スポンサーは現在200社近くになりました。また、来場者数は2016-17シーズンに約千人、今シーズンは1,400人近くになり、より多くの地元の方が応援してくれています。地域連携では、地元の夏祭りや商店街のイベントに選手やスタッフが参加する調整役を担っています。 ― 深川先生にはどんなときに連絡や相談をしていますか? チームの存在が地元に根付き、さらに成長していくためには、行政との連携が欠かせません。深川先生には、行政との連携を図るときに、区の担当者を紹介していただいたり、地域との連携企画を相談したりするなど、多方面で協力していただいています。深川先生は、気さくな方で相談しやすいだけでなく、ビジネス感覚がありチームのこともよく理解してくださっているので、非常に心強い存在です。 深川先生もよく試合に足を運んでくださり、チームのことを応援してくれています。スポーツが地元に根付き活性化することで、地域に一体感が生まれ、「ものづくりの街」だけではない大田区の魅力になるとよくお話されています。 プロリーグに加盟するチームがあることは地域の誇り ― 2016年、公式にバスケットボールがBリーグとしてプロ化されましたね 日本の球技では野球、サッカーに次いで3番目のプロリーグとして発足し、とても話題になりました。そのBリーグに参加するチームが地元にあることは素晴らしいことですし、地域の誇りとなる可能性を秘めています。 最大の目標は、大田区にスポーツカルチャーを根付かせること ― 五十嵐さんがアースフレンズ東京Zで成し遂げたいことはなんですか? 私が目標としてしていることは3つあります。1つ目は、チームが強くなることです。2つ目は、トップとジュニアの育成の仕組みを地元につくることです。そして最大の目標は、大田区にスポーツカルチャーを根付かせることです。チームが出来て4年目ということもあり、まだまだ認知度が低いのが現状です。地域に愛されるようにしっかりと運営していき、街ぐるみでチームを応援するような雰囲気を大田区につくりたいです。 また、これら3つの要素が効果的に循環していくよう、環境づくりに力を入れることも大切だと思っています。「地道に活動する」→「認知度が高まる」→「資金が集まる」→「優秀なコーチや選手に投資ができる」→「チームが強くなる」→「地域が盛り上がる」、という好循環の仕組みをつくることが私の目標です。 ― 目標がとても具体的ですね 今取り組んでいることは、必ず将来に繋がると信じています。夢を実現するために、今は一歩一歩、目の前の課題をクリアにしていく必要があります。魅力的なスポーツコンテンツにつくりあげ、地元に少しでも還元できたらと思っています。みなさんには、まず一度でもいいので試合を観に来ていただきたいです。 深川先生はいつも客観的にアドバイスをしてくれる ― 最後に、深川先生は五十嵐さんにとってどんな人ですか? 仕事だけでなく、プライベートでもよくお酒をのむことがあるのですが、私にとって”頼りになる先輩”のような存在です。いつも客観的にアドバイスをしてくださり、自分にとって不利益になることも包み隠さず教えてくれるのは、深川先生の人柄なのだと思います。 ― ありがとうございました! 洋風居酒屋 ヤツハシ 今回取材でおじゃまさせていただいたお店の紹介です。 店長と五十嵐さんが知り合いで、深川先生とたまにのみに来るのだそう。 営業時間 ランチ(火曜~金曜) 12:00~14:00 ディナー(火曜~金曜) 17:00~24:00 (日曜、祝日) 17:00~22:00 (祝前日、土曜) 17:00~翌1:00 所在地 東京都大田区西蒲田7-60-8 西蒲田ビル1F ※JR蒲田駅西口から徒歩5分 予約・お問い合わせ 03-5711-8844 ホームページ URL

深川先生のようにご縁を大切にできる人になりたい/秋葉雄大さん(Plate Lunch Nanary)

池上本門寺朝市での出会いが始まりだった 池上駅から徒歩2分ほどにあるお弁当屋さんの店長、秋葉雄大さんをインタビュー。 2年前の池上本門寺朝市で深川先生と出会い、お店の運営や商品開発などのアドバイスを受けているというので、お2人の出会いやこれまでのいきさつを聴いてみました。 (文・一部写真:ワタナベミノリ) 秋葉雄大さん Plate Lunch Nanary店長。(2016年4月オープン) 1984年生まれ。杉並区出身。大田区池上在住。 大学卒業後、明治屋に6年ほど勤め、接客や販売を学んだ後、池上にお弁当屋を開店。2児の父親。趣味はスポーツ観戦。 池上本門寺朝市の協力的な雰囲気に惹かれた ― 池上本門寺朝市に出店されたきっかけは何だったんですか? 明治屋を退職した後、妻の実家の焼肉屋の自家製たれを売ろうと、各地域のマーケットで出店していました。感覚的に作っていたタレをお客様の声をもとに改良して、商品化したんです。 当時、結婚して池上に住んでいたので、池上本門寺の朝市にたまたま出店の応募をしたのがきっかけです。それが2015年11月のことです。 出店してみると、事務局の人も一緒に設営や片付けをやってくれることや地域イベントを活発に行っている様子に感動しました。当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、池上本門寺朝市のように協力的な雰囲気のあるマーケットにはなかなか出会えません。 ― そこで深川先生と出会ったのですか? 私が初出店した日は大雨でお客さんも少なく、深川先生が「初めて出店してくれたのに雨で残念だったね」と声をかけてくださったんです。 てっきり、事務局のお兄さんかと思っていたのですが、名刺を見たら議員さんで驚きました。これまで私は議員さんと接点がなく遠い存在だったのですが、「何か困ったことがあったら連絡してね」と気さくな方で好感を持てました。深川先生は池上地区商店会連合会事務局長で、その時から色々とサポートをしてくださいました。 ― その後、お店を開店されたんですね 最初は千葉や杉並区でお店を探していたのですが、自宅に近い池上でお店を開こうと決めました。深川先生に相談したら、もし大田区でお店をやるなら商店会を紹介できるよと言っていただいたんです。朝市に出店して以来、地域の人々に好感を持っていたので、ここだったらぜひ商店会に参加させていただきたいと思いました。 お店のコンセプトは、”安心・安全・健康的なおいしい食事” ― お店のコンセプトはどのように決めたのですか? 「自家製たれを使ったお弁当屋」とぼんやり決めていたのですが、深川先生と相談していたら何かこだわりを持った方がいいということで、山形県長井市のお米農家を紹介していただきました。また、野菜は保存料不使用にこだわり、お店のコンセプトを「安心・安全・健康的なおいしい食事ができるお弁当屋」にしました。 自家製タレ「秘伝のイケだれ」は大田のお土産100選を受賞 ― オリジナルの「秘伝のイケだれ」は大田のお土産100選に選ばれたそうですね 大田のお土産100選に選ばれることは当初からの目標だったので、受賞のお知らせを聞いたときはとても嬉しかったです。食品部門でイケだれのように保存が効くものは少なく、ラベルは地元ならではのこだわりを入れたものなので、これを機に区内外に広く認知されればと思っています。 お客様の声を丁寧に拾い上げ改良を重ねた”どんな料理にもイケるタレ” ― 「秘伝のイケだれ」はどんな料理に合いますか? お肉のもみだれやつけだれでもいいですが、冷ややっこにかけるだけでも抜群に美味しいです。Twitterのハッシュタグで「#イケだれ」と調べると、みなさんの利用方法を見ることができて、私もお客様の使い方を参考にしています。 例えば、隠し味的に唐揚げの下味や焼うどんにかけたり、マヨネーズのディップソースや晩酌用にお味噌と和えて野菜ステックにつけるなど、普段使いで幅広く活躍できる優れものなんです。 ― 今後の展望はありますか? 目標は2020年のオリンピックまでに、「秘伝のイケだれ」を空港のレギュラー商品として置いてもらうことです。ジャケ買いができるお土産として、海外の方にも愛される商品にしていきたいです。 今は、京急蒲田駅構内にある大田区観光情報センターに置いていただいています。「秘伝のイケだれ」が売れることで、「大田区池上」も相乗的に認知度が向上すれば、少しはこれまでの恩返しができるんじゃないかと思っています。 ” Hiden no Ikedare ” a bit spicy original source made by a bento shop in Ikegami area. It tastes and looks […]