大田区議会海外親善訪問調査 4

12月13日は、朝にCASA語学学校に行きました。       団員でロッテさんと鶴見さんに挨拶     ここは大田区の子供たちがお世話になっているところで、ここを中心にドイツの子供たちとの交流や見学などを段取ってくれました。 ここで通訳の鶴見アキさんとロッテさんに会いました。概要説明を頂いた後、子供たちの見学先を視察しに向かいました。     最初に訪れたのは、メルセデスベンツの工場です。       ベンツはドイツを代表する自動車メーカーです。ブレーメンにある工場はドイツで第二位の規模とのことでした。 工場案内のビデオを見た後、生産ラインの見学をしました。 私は大田区の小学校を卒業しましたが、小学生の時に日産自動車追浜工場を見学したことがあり、雰囲気もよく似ておりました。12000人が雇用され、3交代で働いているそうです。 工場見学の中で大森区議から工場の生産工程におけるアーク溶接時の光線の基準が違うことに気付かれて指摘がありました。 このように日本と基準の違いを検討していくことにも現場での経験が生きてくると思いました。   今回課題だと思ったのは、この工場で子供たちはベンツの社員の方の説明と売店での買い物しかしていないとのことでした。 工場の見学には原則16歳以上もしくは実父母と一緒に行くことが必要であるとのことからです。 教育委員会にはプログラムの変更もしくは改善するように伝えました。     次に、フォッケ博物館に行きました。                               このフォッケ博物館は芸術を中心とした博物館です。絵画や刀、家の構造様式の説明などが中心となっており、見る者の目を楽しませる興味深い内容でした。 ただ、大田区の中学生はまだ世界史を本格的に学ぶ前であることなどを考えると、ドイツの歴史がわかる博物館の方がより有用であると思いました。 私は依然メキシコに行ったことがありますが、そこの博物館にはメキシコのマヤ文明以降の歴史が書かれた大きな絵がありました。 そういったものがあると一緒に行った生徒同士で歴史について学びあうことができると思いました。 次回は、そういった点を改善の材料にすべきであると思います。     次にマルティンホフに行きました。 ここは障害者の福祉作業所です。     通所されている障害者の方は月2~3万円程度の報償金を受けているそうです。 年金受給までの18歳から65歳までの方が作業をされております。 […]

大田区議会海外親善訪問調査 3

ブレーメン市庁舎周辺のクリスマスマーケット及びロイドパサージュ商店街の視察をおこないました。     市庁舎の前はクリスマスマーケットが広がっております。     案内はブレーメン在住のザックマンさんにお願いしました。 (背が高いので階段の一段下に立たれております)     このザックマンさんは、モトスミブレーメン通り商店街の通訳も担っているかたで、民間企業で働きながら、日本との交流に尽力されているかたです。 2メートルを超える長身ながら腰の低くまた、日本語も流暢に話すなど、日本とブレーメン交流のキーマンとなる方だと思います。 出発前にザックマンさんに連絡をとり、ドイツ語で話しかけたところ日本語で答えが返ってきました。 正確性を期すために会話は日本語で行いましたが、次回訪問時にはドイツ語で話したいと思います。       ロイドパサージュ商店街内にあるモトスミ・ブレーメン通り商店街と提携協定を表する看板       ベトヒャー通り(斬新なデザインの建築物が多い)        今回は商業交流が中心ではありませんでしたが、ブレーメン・大田区にとってお互いにメリットがあるような交流をしていきたいと思います。 観光地としての相互訪問や商品の販売での相互協力など夢はいろいろあります。 お隣のモトスミ・ブレーメン通り商店街の皆さんとも連携して行きたいと思います。          

大田区議会海外親善訪問調査 2

平成23年12月13日に我々訪問団は、ブレーメン市庁舎を訪問しました。本年度より大田区立中学校生徒海外派遣によりブレーメンとの交流が始まりました。 今回の子どもたちの派遣のお礼に市長を表敬訪問するために準備を致しましたが、12月のクリスマス前であることもあり、日程調整ができず代わりに儀典長を訪ねることになりました。 はじめに、ドイツの政治体制を考えながらブレーメンの概要に触れたいと思います。   1 ドイツの政治体制 ブレーメンはドイツ連邦共和国を構成する16の州のひとつである「自由ハンザ都市ブレーメン州」であります。 このブレーメン州はブレーメン市とブレーマーハーフェン市の2市で構成されています。 ブレーメン州議会は定数83名のうち、8割の68名をブレーメン市に、2割の15名をブレーマーハーフェン市に割り振るものされております。ブレーメン州議会において行政機関である Senat(ゼナート) は、議院内閣制の合議体で、ブレーメン州首相はブレーメン市長を兼ねております。 よって、Jens Böhrnsen(イェンス・ヴェールンゼン)州首相(市長)と呼ばれます。 今回は、外務省欧州局中・東欧課及び在ハンブルク日本国総領事館小坂節雄総領事からヴェールンゼン市長に直接、大田区議会の公式訪問団たる我々の接遇を依頼して頂きました。 ブレーメン州政府の方々にお声掛けにより下記の方々に会談にご参加頂きました。   Frau Birgitt RAMBALSKI        Protokollchefin, Senatskanzlei ビルギット ランバルスキ氏  ブレーメン州政府儀典長 Frau Andrea FROHMADER     Internationale Beziehungen, Senatskanzlei アンデラ フローマーダー氏  ブレーメン州政府国際関係課長 Herr Tomio SAKAMOTO       Stellvertreter des Japanischen Generalkonsuls 坂本 登三雄氏        在ハンブルク日本国総領事館首席領事 Herr Wolfgang HAAS        Prasident der Deutsch-Japanischen Gesellschaft Bremen ヴォルフガング ハース氏   ブレーメン独日協会会長 Herr Reinhard PLATTER     Referatsleiter Berufsbildende Schulen, ministerielle ラインハート プラッター氏  und schulbetriebliche Aufgaben […]

大田区議会海外親善訪問調査 1

今回の大田区議会海外親善訪問調査では平成23年12月12日(月)~12月20日(火)まで9日間の日程で行ってきました。 羽田空港国際線再就航1年を経過した利用状況と利便性調査の為、羽田空港出発としました。 日曜日に会合が蒲田駅周辺であったので出席してから、蒲田駅東口から出ている京浜急行バス「蒲95 シャトルバス」に乗って行きました。 夜9時過ぎ出発で乗車人員は6名程度まずまずの利用者といったところだと思います。   日本航空41便で01:30発、パリシャルルドゴール空港06:20着でまず、パリに入りました。パリは乗換だったのでそのままターミナルで待機しました。 その後、ブレーメンへと向かうわけですが、パリ-ブレーメン間は一日4便飛んでいて、朝一番の便は7:25でその次は13:05となっております。 この朝一番の便には乗り継ぎ時間として一般的に2時間程度を想定することから13:05の便となりました。 そのため乗り継ぎに約6時間シャルルドゴール空港で長時間待つこととなりました。 2012年1月から全日空が羽田-フランクフルト便を就航させるので、NH203便羽田発01:00フランクフルト着05:25、NH6219 フランクフルト発08:50ブレーメン 着09:50となり、ブレーメンがより近くなります。 羽田空港では深夜時間にヨーロッパへロンドン・パリ・フランクフルトと3都市へ飛んでいます。 今回の視察で訪問したスペインのエルプラット空港関係者からも羽田-バルセロナ便就航をお願いされました。 この羽田空港の活用が大田区にとっても、引いては日本においても大きな課題となると思いました。 また、今回の一番の中心であるブレーメンとの交流です。 昨年7月に大田区立中学生がブレーメン市に派遣され、交流が始まりました。 今回は外務省の御骨折りにより、ハンブルク総領事館が動いて下さりブレーメン州政府を始め、独日協会、単科大学教授、ギムナジウム関係者などが会合に同席してくださいました。 今回は教育問題を中心に意見交換を行いましたが、次回訪問時には産業経済の観点から、観光や商業、工業の交流に進めていきたいと思います。 池上本門寺朝市、春まつり、OTAふれあいフェスタ、おおた商い観光展やおおた工業フェアなどでの交流が期待できます。 また、ブレーメン市は川崎市との交流を近年活発にしようとしており、その流れに大田区も一緒に進んでいきたいと思います。 そのためにも川崎市モトスミ・ブレーメン通り商店街の皆さんとの交流が重要となると思います。