大田区防災講習会

平成24年3月4日池上会館にて行われました。 講師は株式会社防災士研修センター代表取締役の甘中繁雄氏でした。   内容としては、自助・共助・公助といわれるが、その基本はまず自助、次に共助であるということ。 災害時には消防力が不足するので、基本的なことは自分自身で行うべきであるとのことでした。 今回の講習会は一般区民向けだったので、内容としてはさして高度ではありませんでしたが、分かりやすかったと思います。   今回再確認したのは、災害時に失見当期になるということです。 失見当期とは、冷静だと思っていても正確な判断がついていない状態のことです。 正常化の偏見でもあり、普通なんだと思い込んでしまうことが多いそうです。   実際に私も十数年間消防団員として住民の皆さんに指導をしていた立場ですが、3月11日には今考えると正常な判断は出来ていませんでした。 当日、発災を会社で受け、すぐに池上特別出張所の状況および池上第二小学校の避難誘導の様子を確認。大きな混乱もないとの報告を受け、自宅に戻り情報収集。 東北地方での大地震と津波による被害、お台場で発生した火災などの状況を聞き、JRなどの鉄道がストップしたことまではほぼ冷静に分析。 地元がまだ混乱する前だったので大きな変化もなく、交通渋滞もその時点ではほとんどありませんでした。 しかし、ここからが間違えでした。 夜は葬儀がありいつも通りの感覚で臨海斎場へ車でいったところ、渋滞に巻き込まれました。 それではということで、平和島にあるドンキホーテへ行き日常生活品の買い物をしました。特に震災時というものではなくごく日用品の買い物です。 その後、帰宅しようとしましたが超がつく渋滞で、平和島を7時半頃出て、帰宅したのが午後10時を回っていました。 それから着替えて消防団の詰所に向かい、制服で再度見回り、情報はtwitterで行いました。また、東急線運転再開の情報が入ったので、自転車で池上駅に向かい確認の後、池上通り堤方橋で帰宅困難者の皆さんへの情報提供を行いました。 といった感じでした。   これからの課題についてもいくつか感じましたので、参加していた出張所長とさっそく話を問題点を共有しました。 たとえば、常勤消防(普通の消防署)の消防力を0と考え、残った消防団隊と市民消火隊での放水・火災消火訓練や市民消火隊のみでの消火訓練や、小学校周辺にある下水管直結トイレの位置確認や防火水槽をどこにあるか目視で確認する徒歩訓練などです。 今回を契機に改めて防災問題を見つめなおしたいと思います。    

モトスミ・ブレーメン通り商店街(川崎市中原区)意見交換報告

1 日 時 平成24年2月9日(木)19時30分~ 2 訪問者 安藤充議員(区議会自民党幹事長)、山崎勝広議員(区議会民主党幹事長)、深川  (事務局随行 山中係長、古川主任主事) 3 概 要  ブレーメン市訪問に際して、ご協力頂いたモトスミ・ブレーメン通り商店街を訪問し、伊藤博理事長及び山田一之前理事長(現相談役)、並びに川崎市議会議員の潮田智信氏にお礼を述べるとともに、ブレーメン市訪問の報告を行い、今後のブレーメン市との交流や行政との関わりなどについて意見交換をしました。    また、潮田前川崎市議会議長が民主党の方であったので、今回は自民党安藤幹事長が山崎民主党幹事長に声をかけ、大田区・川崎市の議会としての交流を深めることとしました。    4 主な内容 (1)川崎市長のブレーメン市訪問 昨年の東日本大震災後、川崎市は、姉妹都市であるドイツ・リューベック市から2,000万円の寄付を受けた。そのお礼と友好親善のため、阿部孝夫川崎市長は平成24年7月下旬にリューベック市を訪問、あわせてブレーメン市も訪問する予定である(その訪問団に潮田智信議員も参加予定)。   (2)第4回川崎国際環境技術展開催 昨年、川崎市長はブレーメン市長宛ての信書の中で、平成24年2月に川崎市で開催される「第4回川崎国際環境技術展」のプログラムを同封のうえ招待したところ、ブレーメン市長から下記のような返書があった。 その技術展が、2月10日から11日に等々力緑地を会場として開催され、潮田議員が開会式に出席するとのことでした。     (以下、信書訳文)     親愛なる阿部孝夫川崎市長、職員の皆様     このたびは、ご親切に信書をいただきまして、ありがとうございます。     私たちは、川崎市のモトスミ・ブレーメン通りとロイド・パサージュとの末長く続いている協力関係を誇らしく思っており、また感謝の意を表します。この関係は、非常に実り多いものだと思われます。     さて、日本の産業の中心地である川崎は環境への配慮を目指して発展してきていらっしゃいます。ブレーメン市においても、生態系や環境問題に対する認識を持つことが政策的な需要でもあります。     2012年2月の第4回川崎国際環境技術展にご招待いただきまして、誠にありがとうございます。     ご案内いただいた技術展のプログラムがとても興味深く、心から参加したいと思っておりましたが、このたびは残念ながら、別件の公務が重なっており、参加することができません。何卒ご理解賜りますようお願いいたします。     この技術展について、ブレーメン市で関連する全ての機関に周知するため、いただいた案内状は、ドイツ日本協会、ブレーメンの商業室、環境関係の上院議員、環境開発やロイドパサージュのプロモーションを行っているブレーメンの企業にお送りしております。     私たちは、技術展が実り多いものになりますよう、また、成功を収められますよう、祈念しております。     敬具 イェンス・ベールンゼン (ブレーメン州首相・市長)