水上バス乗船視察 羽田→お台場

8月22日23日の2日間で大田観光協会主催の羽田空港天空橋船着場とお台場間を水上バス「カワセミ」号で結ぶイベントを実施しました。費用は大人980円、子供500円でした。 お台場→羽田→お台場を午前午後1便ずつ実施しました。 私は2日目の最終便である午後4時30分発5時30分着で羽田天空橋からお台場まで行きました。   JTBと観光協会が連携し実施   防災船着場に隣接する待合所 ただし、国交省との取り決めで物販ができないとのこと。この空間で大田区のお土産などの販売をし、商業振興に努めなくてはならないので、早急な改善を求めました。     防災船着場入口   入口からの導線1   導線2   橋脚部   垂れ幕   天空橋 味気ないので塗装すべきと考えます。   カワセミ号入港   到着!           見送りの観光課長(左)   めずらしい可動式高速道路   大井埠頭中央海浜公園にある船着場           本件は、スポーツ・観光推進特別委員会で報告なされたことから委員会の書記と一緒に参加しました。 (当日、委員長も同席されました) 来年度の国体マスコットゆりーと(スポーツ)とようこそ大田区へ(観光)のうちわ    

大田区立中学校生徒海外派遣について

今までこの事業に関与してきましたが、教育委員会が出している資料の出典を明示しておりませんでしたので参考までに記載致します。   http://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/tekisei/kyoikugaiyo/24otanokyouikugaiyou.html 平成24年度版 大田の教育概要 Ⅲ 学校教育の充実 (2) 中学生の海外派遣・目 的 海外でのホームステイをとおして、外国の生活や文化の理解、並びに外国語(英語)の習熟等を図り、国際社会において信頼と尊敬を得られる人間性豊かな生徒の育成を目指し、派遣後、成果を各学校の諸活動の進展に資することを目的とする。・対 象 区立中学校第2 学年生徒56 名・沿 革 昭和49 年度より開始し、平成5 年度からは、西海岸コースに加え、東海岸にも生徒を派遣し、本区と姉妹都市提携を結んでいるセーラム市でのホームステイを実施している。平成15 年度は国際情勢不安のため、中止した。平成16 年度(第20 回)は平2324成15 年度の中止を受け、各中学校第2 学年生徒2 名・第3 学年生徒1 名の派遣としたが、平成17 年度(第21 回)は区立中学校第2 学年生徒2 名の派遣にした。平成18 年度からは、両コースともに東海岸コースにし派遣生徒全員がセーラム市長へ表敬訪問をしている。平成23 年度からは、大田区同様、工業の盛んなドイツのブレーメン市へのコースを新設した。   となっております。 また、昨年の概要については http://www.city.ota.tokyo.jp/kyouiku/tekisei/otanokyouiku/otanokyouiku109.files/otanokyouiku109.pdf おおたの教育109号 平成23年10月1日 に記載があります。   今回の子供たちの訪独に際し、平成24年7月に私が訪独した際にお目にかかったブレーメン州議会ヒラー議員及び州議会事務局のおかげで州議会見学などが実現しました。 また、CASA語学学校から提案のあったドイツでの語学研修と日本語を勉強しているドイツ人との交流も実現されました。 昨年度にはなかったドイツ第二の都市、ハンブルク訪問・市庁舎見学もスケジュールに加えられ、市庁舎でも格別の配慮で見学することができました。 このことから、教育委員会指導課長・指導主事と意見交換した際には、昨年度に比べてより充実させることができたとの回答を頂きました。 私の訪独が少しでも大田区の子供たちのためになれたとすればうれしい限りです。 なお、子供たちの海外派遣に関しては池上会館で報告会があります。 私も参加したいと思っておりますので、後日ブログなどで報告したいと思います。