周産期ってなに?NICUってなに?-安心なお産のために-

平成23年9月3日に大田区と大田区周産期医療検討委員会は、東邦大学医療センター大森病院新生児科与田仁志博士をお招きし「周産期ってなに?NICUってなに?-安心なお産のために-」とのテーマで講演会を開催致しました。 私も一参加者としてお話を伺いました。   1 定義 周産期とは…出産前後の期間を指し、妊娠22週から出生後7日未満をいう。 この前の段階だと母体外に出たら生きていけず流産となる境目となる。 NICUとは…新生児特定集中治療室で病院において早産児や低出生体重児、または何らかの疾患のある新生児を集中的に管理・治療する部門である。 出産時に標準とされているのが3000グラム・50センチとされている。   2 日本の現状 日本の合計特殊出生率は2010年で1.39でアフリカや中東諸国では2以上であるが、それ以外は2以下。日本国内でも中国・九州地方が比較的多い。 周産期死亡率は1950年ごろで1000人中25人(2.5%)であったが、1975年16人、2005年で3.3人と減少している。 アメリカで7人、ドイツで5.9人、イギリスで8.5人と先進諸国の中でも日本が一番少ない。 この背景には医療機器・医薬品・医療技術・周産期医療システムの進歩があげられる。 低体重児での出生が増えており10人に1人となっている。 医師の総数は増えているが、産科医は減少している。 新生児科医は、小児科などの教育の上に専門研究が求められ、全国に1000人程度しかいない。その1.5~2倍は必要であると考えられている。 全国にNICUが約2000床あるが、あと1000床程度は必要だと考えている。  NICU増設が困難な理由として医師・看護師の不足、建設費のコストなどがあげられる。   3 大田区の現状 日本胎児心臓病学会で胎児心臓診断の代表的施行施設として、東邦大学大森医療センター 大森病院 新生児科(胎児心臓外来)があげられている。 併せて先進事例として遺伝カウンセリングも実施している。   しかしながら大田区内では8か所しか分娩取扱い施設がない。    4 私見  医療が高度化することにより、多くの低体重児をはじめとする子供たちの出産がうまくいっていると言えます。  しかしながら、従前の助産院を中心とした施設で対応できる患者さんも多く高度な医療技術のある病院に行っていると聞きます。  このような1次~3次救急のような役割分担を徹底して行うことが一つの対策であると考えます。  また、大田区では出産ニーズが多いこともあるので、産科医師の確保を大田区も医師会と連携の中で、進めていく必要があると思います。  特に、出産時事故における裁判リスクが産科医になる際の大きなハードルとも考えられることからそのサポート施策の研究もしていきたいと思います。

中央防波堤・東京ゲートブリッジ視察

平成23年12月9日、まず初めに中央防波堤(通称:中防)に入りました。ここは、東京都廃棄物埋立処分場という名称でその中に、中央防波堤外側埋立処分場・新海面処分場が含まれます。視察には、環境清掃監理課長と都市計画管理課長に帯同して頂き自民党大田区民連合として区議会の皆さんと一緒に見てきました。中央防波堤自体は多くのところの埋立が終わっております。これは、言葉を返すとごみの処分するところが減っていることとなります。ごみの埋立処分量は昭和四十年代から五十年代をピークに300万トン超から、平成21年実績で約53万トンへと減少をしております。以前は生ごみや不燃ごみをそのまま埋め立てられる状態でしたが、現在は中間処理をしているので減少しております。14号地(夢の島)15号地(若洲)は昭和40年代に埋立がおわり、その後中防内側→中防外側→新海面と進んでおります。被災地から引き取ったがれきなどもこの処分場で処理を行っております。23区で平成21年度で295万トンあり、それを粗大ごみ破砕処理施設や京浜島不燃ごみ処理センター、中防不燃ごみ処理センターなどで処理をしたものを清掃工場などで燃やした後、埋立処分場で埋め立てられえると約35万トンとなり産業廃棄物や上下水スラッジや汚泥などを合わせて約53万トンになります。新海面はCブロックまで終わり、現在はD・E・Fブロックを残すのみとなりました。   CブロックからDブロック方向   CブロックからDブロック方向   CブロックからDブロック方向   想像していたよりパッカー車の台数が少ないです。   鳥(ゆりかもめ)などもほとんど飛んでいません。   海も埋め立てています。   造成が終わったBブロック   中防外側処分場エリアで11月24日現在0.10~0.28マイクロシーベルトとなっております。当然ここには人が住んでおりませんし、トラックなどでの搬出入のみとなっております。視察してみての感想は、トラックの台数が少ないことです。昔からよく見ていた埋立地にはゆりかもめが沢山飛んでいる姿でしたが、雨天だったこともありまったくと言っていいほど見かけませんでした。この質問も致しましたが、埋立ごみの処理が進んでいるので最近はそういったことも無くなっているということでした。 次に東京ゲートブリッジを視察しました。   ここは正式には東京港臨海道路Ⅱ期整備事業とよばれ、城南島から中防埋立地からお台場方面に行かずに若洲を抜け新木場方面に行くことから、約4割の所要時間の減少を見込んでおります。また、中防からお台場方面への交通量は約3割減少されると予測されております。実際に中防から若洲方面に進みましたが、あっというまに新木場についた印象です。この周辺の再開発を含め、交通量を臨海部へ進めることは公害対策を含め重要であります。また、渋滞による経済損失は東京全体の大きな課題でありますので、大いに宣伝をし多くの方々に利用して頂きたいと思います。   説明を受ける自民党区議の仲間~     ゲートブリッジの真ん中にはお台場方向が見やすいように窓が付いています。

外務省中・東欧課訪問報告

1 日 時 平成24年2月8日(水)15~16時2 概 要 この度のブレーメン市訪問に際して、ご協力いただいた外務省中・東欧課ドイツ班長の戸田真介課長補佐を訪問し、お礼を述べるとともに、ドイツと日本の交流等についての話を伺いました。  3 内 容(深:深川 外:戸田氏 大:大田区議会事務局) 深:当初、ブレーメン市からは受入お断りの連絡をもらっていたが、外務省並びにハンブルク総領事のご尽力でブレーメン州政府儀典長に面会し、議長からブレーメン市長に宛てた信書を渡すことができ、また教育や商業などについての意見交換ができ、一定の成果を上げることができました。ご協力に大変感謝致します。 外:大田区議会がドイツとの交流に関心を持ち、訪問してくださったことに感謝する。外務省としても、姉妹都市交流だけでなく、実のある草の根の交流、また地方との連携を大変重視している。相談窓口として「地域連携室」といったものも置いている。今後もできることはサポートしたいと思います。(できないことも中にはありますが)  外:ちょうど本日、ハンブルク総領事から電信があった。主な内容な以下のとおりです。   1/31にハンブルク総領事がブレーメン州議会ヴェーバー議長及びクラウセン・ブレーメン州商工会議所副会頭を往訪し、ブレーメンと大田区との交流につき意見交換した。①  ブレーメン州議会ヴェーバー議長(ハンブルク総領事から、昨年、大田区議員団がブレーメンを訪問し、交流の可能性を探ったところであるが、議員間の意見交換は実現しなかった経緯がある。日本の自治体とドイツ連邦州との議員間の交流は日独交流において極めて意義があり、今後協力願いたい旨伝えたところ) 「大田区議員団がブレーメンを訪問したのは承知していなかった。各国との交流については、州政府側が一義的にアレンジしている。他方、ブレーメン州政府は財政問題もあり姉妹都市交流には熱心でない。ただし、議会側としては日独交流には積極的に対応したいと考えているところ。次回、ブレーメンを訪問する機会があれば、是非とも意見交換する機会を持ちたい。」との回答がありました。 ②  クラウセン・ブレーメン州商工会議所副会頭  (ハンブルク総領事から、昨年、大田区議員団がブレーメンを訪問し、主として、中高の学生交流を強化することにつき両者間で意見の一致があった。他方、大田区は日本でも中小企業がもっとも集積する地域と知られており経済面でも交流を強化する余地があると考える旨指摘したところ) 「大田区が中小企業の集積地であることは承知していなかった。ブレーメンでも中小企業の育成に努めているところ、相互に学ぶべき余地が大きいと考える。ブレーメンを含む北ドイツ各州は自然エネルギーの開発に注力しているところであり、かかる分野で交流できればありがたい。」との回答がありました。  深:今回、ブレーメン州政府儀典長に面会したが、日本でいうとどのようなポストに近いのでしょうか?  外:局長クラスであり、東京都でいえば知事本局長が近いかもしれないと思います。  深:ドイツの議会・行政にはどのような特徴があるのでしょうか?  外:州議会でいえば、年間で議事が行われる日が全て決まっている。大体、月の半分くらい議事が行われる。議員の生活は日本と似ていると思う。ドイツの官僚は、日本と異なり「政党色」がある。政治活動が認められている。ゆえに、トップが代わると、政党に応じて官僚のポストも入れ替えになることが多い。ただし、身分保障はされているので、職を失ったり降格させられることはない。   クリスマス休暇も長いが、夏休みもわりと長い。7月下旬から9月上旬にかけて交代などで休みをとり、不在な方が多い。メルケル首相も2週間ほど夏季休暇をとっています。  大:今後の便宜供与の依頼についてはどのような手続きをすればよいのでしょうか?  外:通常、外国における便宜供与依頼は、総務省を通じて外務省にされる。今回は時間もなかったということもあるので、今後は正規の手続きを行っていただくとともに、並行して外務省に連絡いただければ、事前に準備や交渉を進めることができるので、まずは相談をしてください。  大:今後も、ドイツ訪問に関しては、戸田氏に相談してよろしいですか?  外:私は、3月1日付けでミュンヘンに赴任することになった。後任には今までの経過と今後も大田区を支援することについて引き継いでいくので、今後は後任者に相談して頂ければと思います。