大田区の強い味方/稲葉治久さん(稲葉セントラル法律事務所)

大学進学を機に上京、20代のほとんどを海外で過ごしボランティア活動をする中で、弁護士の道を目指した稲葉治久さんをインタビュー。 法律相談の中には、行政の力が必要となることもあり、深川先生に相談するという稲葉さん。 そんな稲葉さんの活動と深川先生の関わりについて聴いてみました。 稲葉治久さん 稲葉セントラル法律事務所・弁護士 茨城県出身 法学部政治学科を卒業。青年海外協力隊としてアフリカ・ジンバブエでボランティア活動をする。 その後、弁護士を目指し法科大学院を卒業。都内大手法律事務所に勤務し、平成28年7月、稲葉セントラル法律事務所を開設。 人の役に立つ仕事ってなんだろう ―いつ弁護士を目指したんですか? 国際機関で働きたいと思い、大学は法学部政治学科を専攻しました。 弁護士というのは頭になく、発展途上国など世界中を回って仕事をしたいと考えていました。 そんなとき、青年海外協力隊員としてアフリカ・ジンバブエに行けることになりました。 現地に行って一番に感じたことは、医者や弁護士などの専門職がないと何もしてあげられないということ。 そこで法律の勉強をしようと思い立ち、弁護士を目指しました。 ―それから勉強を初めて事務所を開設されたんですね 法律の勉強をするため、大学院に通いました。 弁護士資格を取って4年間は大手法律事務所で勤務しました。 そこでノウハウを身につけ、独立することを決めました。 青年海外協力隊の経験を活かし、市場調査や現地調査・現地との連携などを通した、中小企業の未開拓地域進出をサポートしたいと思っています。 ―大田区に事務所を開設した理由はありますか? 大田区に住み始めたのは27歳の頃です。 最初は家賃が安かったから。それだけの理由でした。 ですが住んでみてとても住み心地がよく、それ以来ずっと住み続けています。 事務所探しで一番に考えたのは通勤でした。 毎日満員電車に乗るのは避けたかったので、ここ大田区に事務所を開設しました。 多くの人にとって心強い味方になりたい 法律事務所は敷居が高いイメージもあるので、気軽に来てもらえたら嬉しいです。 問題が大きくなる前に、解決できることはたくさんあるので、早めに相談してほしいと思っています。 ―どんな法律相談を受けていますか? 専門は民事ですが、町弁なのでオールマイティにやっています。 相談は、直接会ってお話をするのが一番だと思っていますので、 お仕事が忙しくて平日が難しいということであれば、土日でも事務所を開けています。 高齢化が進み、財産や空き家など問題は山積みです。 こういった問題は、生前の意識がきちんとあるうちに手を打つことで解決することが多いです。 残される家族のためにも、『法律は難しい・わからない』とほっとくのではなく、相談に来てもらいたいです。 もっと身近に感じ、考えてほしいと思い、セミナーの講師なども引き受けています。 来月は要望をいただき、デイケア施設で、相続・資産活用など老後の備えについて講義を行います。 ―地域のために何かできることはありますか? 事務所が空いているときは地域の『拠所(ヨリドコロ)』にしたいと考えています。 今、母子家庭や収入の少ない家庭など、様々な事情を持ちながら悩みを抱えている方は多いと思います。 働かなければならない、塾に行かせるお金がない。家庭により状況は様々です。 そういった子供たちを集めて、塾のようなものをやろうと思います。 学生のボランティアや私自身が教えていきます。 もちろん勉強に限らず折り紙などやってもいいと考えています。 お迎えのときに、お母さんたちのお悩み解決もしたいですね。 助成制度など、教えられることはたくさんあります。 深川先生は裏表がない ―深川先生との出会いはどこですか? 初めてお会いしたのは地元の勉強会です。 政治家さんとは思えない物腰の柔らかな方というのが最初の印象です。 区の政策など、新聞では読み切れないことも多いですが、 深川先生を見ているとリアルタイムに動きを感じ取ることができます。 それが大田区の中小企業へのいいアドバイス材料となり、とても喜ばれます。 ―お仕事での関わりはありますか? […]

チームと地元の架け橋になることを目指して/五十嵐大悟さん(アースフレンズ東京Z)

深川先生は”頼りになる先輩”のような存在 大田区を中心に城南エリアで活動する男子プロバスケットボールチーム「アースフレンズ東京Z」で、営業と地域連携を担当する五十嵐大悟さんをインタビュー。 チームと行政の連携を図るときには深川先生にお世話になっているというので、五十嵐さんの取り組みや深川先生との関わりを聴いてみました。 (文・一部写真:ワタナベミノリ) 五十嵐大悟さん アースフレンズ東京Z(運営:株式会社GWC)の営業および地域連携担当。(2016年12月~) 大田区蒲田出身。 メーカーの営業を10年以上経験し現職に。自身はバレーボールのプレーヤーで、現在も社会人チームのアタッカーとして活躍。 深川先生に初めて出会ったのは地元の勉強会で ― 深川先生との出会いを教えてください 知人に誘われ参加した地元の勉強会で初めてお会いしました。最初は、区議会議員と聞いていたので気やすく話しかけることができませんでした。 ― その後に何か用事があって連絡したのですか? それから数か月経って、地域にPRをするために議員さんとやりとりをする必要が出てきたのですが、私が議員さんとの繋がりがなく困っていたんです。そうしたら、深川先生と縁のある知人が、「深川先生に相談したらいいよ」と紹介してくれました。連絡をしたら、PRチラシの渡し方など丁寧にアドバイスをしていただきました。 行政との連携がチームの発展に欠かせない ― 五十嵐さんの仕事内容を教えてください 営業は、スポンサー集めと試合の集客が主な仕事です。おかげさまで、スポンサーは現在200社近くになりました。また、来場者数は2016-17シーズンに約千人、今シーズンは1,400人近くになり、より多くの地元の方が応援してくれています。地域連携では、地元の夏祭りや商店街のイベントに選手やスタッフが参加する調整役を担っています。 ― 深川先生にはどんなときに連絡や相談をしていますか? チームの存在が地元に根付き、さらに成長していくためには、行政との連携が欠かせません。深川先生には、行政との連携を図るときに、区の担当者を紹介していただいたり、地域との連携企画を相談したりするなど、多方面で協力していただいています。深川先生は、気さくな方で相談しやすいだけでなく、ビジネス感覚がありチームのこともよく理解してくださっているので、非常に心強い存在です。 深川先生もよく試合に足を運んでくださり、チームのことを応援してくれています。スポーツが地元に根付き活性化することで、地域に一体感が生まれ、「ものづくりの街」だけではない大田区の魅力になるとよくお話されています。 プロリーグに加盟するチームがあることは地域の誇り ― 2016年、公式にバスケットボールがBリーグとしてプロ化されましたね 日本の球技では野球、サッカーに次いで3番目のプロリーグとして発足し、とても話題になりました。そのBリーグに参加するチームが地元にあることは素晴らしいことですし、地域の誇りとなる可能性を秘めています。 最大の目標は、大田区にスポーツカルチャーを根付かせること ― 五十嵐さんがアースフレンズ東京Zで成し遂げたいことはなんですか? 私が目標としてしていることは3つあります。1つ目は、チームが強くなることです。2つ目は、トップとジュニアの育成の仕組みを地元につくることです。そして最大の目標は、大田区にスポーツカルチャーを根付かせることです。チームが出来て4年目ということもあり、まだまだ認知度が低いのが現状です。地域に愛されるようにしっかりと運営していき、街ぐるみでチームを応援するような雰囲気を大田区につくりたいです。 また、これら3つの要素が効果的に循環していくよう、環境づくりに力を入れることも大切だと思っています。「地道に活動する」→「認知度が高まる」→「資金が集まる」→「優秀なコーチや選手に投資ができる」→「チームが強くなる」→「地域が盛り上がる」、という好循環の仕組みをつくることが私の目標です。 ― 目標がとても具体的ですね 今取り組んでいることは、必ず将来に繋がると信じています。夢を実現するために、今は一歩一歩、目の前の課題をクリアにしていく必要があります。魅力的なスポーツコンテンツにつくりあげ、地元に少しでも還元できたらと思っています。みなさんには、まず一度でもいいので試合を観に来ていただきたいです。 深川先生はいつも客観的にアドバイスをしてくれる ― 最後に、深川先生は五十嵐さんにとってどんな人ですか? 仕事だけでなく、プライベートでもよくお酒をのむことがあるのですが、私にとって”頼りになる先輩”のような存在です。いつも客観的にアドバイスをしてくださり、自分にとって不利益になることも包み隠さず教えてくれるのは、深川先生の人柄なのだと思います。 ― ありがとうございました! 洋風居酒屋 ヤツハシ 今回取材でおじゃまさせていただいたお店の紹介です。 店長と五十嵐さんが知り合いで、深川先生とたまにのみに来るのだそう。 営業時間 ランチ(火曜~金曜) 12:00~14:00 ディナー(火曜~金曜) 17:00~24:00 (日曜、祝日) 17:00~22:00 (祝前日、土曜) 17:00~翌1:00 所在地 東京都大田区西蒲田7-60-8 西蒲田ビル1F ※JR蒲田駅西口から徒歩5分 予約・お問い合わせ 03-5711-8844 ホームページ URL